多額の借金が嫁バレする理由と対処の方法

借金の隠ぺいは家計に重大な悪影響をもたらす他、信用を大きく損なう行為です。特に、夫婦間での借金の隠ぺいは離婚の理由になるので注意する必要があります。借金の金額によっては資産をすべて放棄する必要に迫られるケースもあるため、嫁バレした際は迅速に対処することが大切です。

誰にも打ち明けていない借金が嫁バレしてしまう理由や夫婦関係への悪影響を学び、正しい方法で対処しましょう。

隠している借金が嫁バレした際の問題点

金銭トラブルは夫婦の離婚理由の一つですが、単純にお金を借りている事実だけを理由に離婚するのは困難です。これは借金の理由が生活費の補てんなど、夫婦の暮らしの維持に基づくことが多いためです。しかし、ギャンブルや風俗通い、趣味に対する浪費など自分だけが楽しむための借金は離婚の正当な理由として扱われます。

更に、借金の隠ぺいは家族を信頼していない意思の表れと見做されるのが一般的です。例えば、借金は家計に大きな負担をかけるため、隠蔽することによって生活設計に重大な支障をもたらす恐れがあります。そのため、隠ぺいは非常に悪質な行為と見做され、離婚の際には慰謝料の金額が大きくなるのが一般的です。

借金の嫁バレが離婚の大きな要因になる理由は夫婦の信頼関係が損なわれるためです。夫婦の資産は二人が共有していると見做されますが、借金も法律上は資産の一種です。したがって、夫の隠し借金は嫁に内緒で勝手に資産を作った行為として扱われますが、あくまでも資産は夫婦が共有するものなので借金の存在を知らない嫁にも金銭的な負担がかかってしまいます。

ですが、隠し借金は嫁にとっては自分の生活とは関係の無い所で勝手に作られた負担になるので、夫への信頼が著しく損なわれるのも珍しくありません。そのため、信頼を失った相手との夫婦関係を続けるのが苦痛になり、離婚に至ることになります。

隠し借金が嫁バレする理由

隠し借金は夫婦関係を破たんさせる理由の一つですが、夫の側から見ればなぜ借金が嫁バレしたのか分からないでしょう。しかし、嫁にしてみれば普段とは異なるわずかな言動の違いが隠し事をしている大きな証拠になります。

特に、借金は金銭の使い方を大きく制限する事柄なので、物品の購入頻度や外食の回数などの差異が隠し借金の存在が突き止められる理由の多数を占めます。例えば、煙草や酒の銘柄を安価な物に変えたり、趣味で集めている物品を売却したりするなど、無理のある節約や現金化は金銭的に苦しい状況にあることを示唆します。

また、嫁をはじめとする家族にも節約を強要するのも借金が嫁バレする理由の一つです。

嫁バレを避けるための工夫が生活にもたらす悪影響

借金の嫁バレは離婚や慰謝料の支払いなど、夫には非常に不利な展開になります。

そのため、明るみにならない方法で借金を行うケースがありますが、どのような方法でも後になって生活に大きな悪影響をもたらすので避けるのが無難です。

隠し借金で最も多いのが、俗に闇金と呼ばれる違法の貸金業者を利用する方法です。借金は銀行や貸金業者を利用すると金額や返済方法に関係無く、借金を行ったという履歴が残ります。そのため、本人がいくら気づかれないように工夫しても発覚しやすいという問題があります。

一方、違法の貸金業者は法律上存在していないことになっているので、借金の履歴が正規の業者に共有されることはありません。借金を行った本人が口外しなければ基本的には嫁バレしませんが、違法業者の取り立ては法律上の規制を無視して行われるので、結局は嫁バレする結果に終わります。

違法業者の利用以外に隠し借金を行う方法として、クレジットカードの現金化が挙げられます。現金化とはカードのショッピング枠で購入した物品を中古業者に売却して現金にする行為を指し、最初から換金目的でカードを利用するのが特徴です。

現金化は表沙汰になった場合でも、衝動買いをした物品が気に入らないので売却したと言い訳することが出来ます。また、金額もカードの利用枠に収まるので違法の貸金業者ほどの負担にはなりにくいのも特徴の一つです。しかし、ショッピング枠の現金化はカードの利用規約に違反しているので発覚するとカードの利用停止や新たな融資の申請拒否などのペナルティが発生します。

不正利用の情報も借金と同様に複数のカード会社や銀行に共有されるので、住宅ローンなど生活に直結する融資が拒否されてしまい、生活設計に大きな悪影響が及ぶ結果になります。

借金を返せなくて引越しをしても金融会社は住民票の開示ができる

隠し借金が嫁バレした際の正しい対処方法

隠し借金は夫婦の信頼関係を損なう身勝手な行為なので、発覚した際は決して言い訳や正当化を行ってはいけません。夫婦の暮らしを維持するための借金であれば隠す必要は無いので、隠し借金は必然的に自分だけのために行ったことになります。

そのため、すべての非は借金を隠した夫の側にあることから、開き直りや正当化決して行わず、自身の非を認めて謝罪する姿勢を持つことが大切です。

また、口先だけの謝罪は全く意味が無いので、隠し借金の返済は嫁に一切の負担をかけずに行うことを示すのが夫の責任になります。例えば、自身の所有物を現金化して返済に充てる他、喫煙や飲酒、間食などを行わずにその分の金銭を返済金に回す姿勢を持つことが重要になります。

隠し借金は夫ひとりの責任で返済するのが法的な義務です。通常の借金でも借りた本人だけに返済義務があるので、夫が借金を行っても嫁には返済の義務はありません。借金返済のために夫の側は自身の親族に返済金を融通してもらうケースも多いですが、そのために親族との関係が険悪なものになることもあります。

しかし、夫婦生活を破たんさせたことに対する責任を果たすのが隠し借金を行った夫の責務なのでどのような方法であっても嫁の側に一切の金銭的な負担をかけずに借金を返済する必要があります。

隠し借金を行わない意思を持つことが円満な夫婦生活を維持する秘訣

隠し借金は自分だけの目的で自由に使える金銭を得る目的で行います。夫婦間の信頼を損なう身勝手な行動ですが、その一方で、家庭内における金銭管理をすべて嫁が握っていることへの反発も含まれていることを注意する必要があります。

隠し借金を行わないためには金銭管理に関する不満点を嫁に示し、冷静に話し合う姿勢を持つことが重要になります。また、夫婦間の金銭トラブルは夫と嫁の双方に問題があるケースが多いため、生活費の内訳を見直し、節約が可能な事柄については夫が自由に使える小遣いに回す気配りが嫁に求められる姿勢です。

そして、夫の側も毎月の収入から暮らしを維持するためにやりくりする嫁に感謝すると共に、自分ひとりの楽しみに使う金額は低く抑える節制の気持ちを持つことが大切です。